所在地
秋田県湯沢市下院内字常磐町91番地
アクセス方法
道路:国道108号線経由 又は 秋田自動車道と県道13号線経由(中型バス1台分の駐車場を整備中)/最寄駅:奥羽本線 院内駅
見学可能時間
要相談
連絡先
URL:http://www.iburigakko.com  Eメールアドレス:info@iburigakko.com
予約の要否
要相談

製造方法や取扱商品の特徴

秋田のまじめな漬物「いぶりがっこ」を召し上がれ!

「雄勝野きむらや」の燻製小屋に整然とつるされた秋田産の白だいこんはさくら、けやき、ならの煙で、水分が抜け、重さが半分になるまで3-4日間燻された後、化学調味料・添加物を一切使用せず、米ぬか、塩、ざらめのみで漬けこまれます。早ければ2か月、自然な乳酸発酵を経てきつね色の「いぶりがっこ」の誕生です。

「きむらや」のいぶりがっこは、すべて秋田産の原料を用い、契約農家が納入したいぶりがっこ専用の白だいこんを使って作られます。その美味しさを閉じ込めるため、原料とな るだいこんの入荷から漬け込みまで一週間以内で加工されます。最盛期には一日1万本ものだいこんを、丁寧に洗って吊るして、焚き木干しにする作業が一週間以上続きます。沢山のこだわりによって作られたきむらやのいぶりがっこ、食べたくなってきませんか?
   
(写真左:丁寧に洗われて、結束され焚き木干しを待つ白だいこん。写真右:燻されていく数多のだいこん。)

いぶりがっこはその昔、家々にある囲炉裏をつかって燻されていました。木村吉伸社長の先々代が昭和41年頃、この農家の伝統的な囲炉裏での燻り干しから燻製小屋を使った大規模な「焚き木干し」に進化させました。初めはアルコール成分を含み、保存性の高い「奈良漬」にしていましたが、試行錯誤の末、自然界の乳酸を用いた発酵により、今の「いぶりがっこ」になったのです。昭和48年からは真空パックでの出荷が始まり、県外にも出廻るようになりました。原料から製造工程に到るまで徹底的に秋田にこだわっています。
  

  
(写真左上:木村社長夫妻、右が直売所、左が母屋の一部を喫茶スペースに改装中。写真右上:燻製小屋というより、燻製工場といったほうがふさわしいたたずまい。9~11月の大根の収穫期にはフル稼働します。写真左下:自然石の重しで漬けられます。写真右下:梱包・出荷の工程。)