秋田県醗酵工業株式会社(一滴千両)

所在地
〒012-8511 秋田県湯沢市深堀字中川原120-8
アクセス方法
JR湯沢駅から車で5分
見学可能時間
9:00~16:00(4~11月)、12月~3月は9:30~
連絡先
TEL:0183-73-3106
FAX:0183-72-2816
E-Mail:ak-info@oenon.jp
予約の要否
お電話でご予約ください。

歴史

 創業1945年。清酒「一滴千両」は、「この酒は一滴にして千両の値打ちがある」という意味をこめて命名されました。「千両」は“千両役者”など、格式が高く値打ちがあり秀れていることに使用されています。昔から「一滴即黄金如(いってきすなわちおうごんのごとし)」と讃された「一滴千両」は、まさに“一滴一滴が千両に値する”秋田ならではの地酒です。

製造方法や取扱商品の特徴

《製造方法》

 良質な米と水、寒冷豪雪という気候・風土に恵まれた秋田県湯沢の地で、伝統の技術を活かした酒造りを伝承するとともに、常に新技術への挑戦を行い、人々の心を魅了するお酒を追求しています。一滴一滴に想いを込めた酒造りで、多くの人に愛される地酒を造り続けています。
 「一滴千両」シリーズの仕込み水には、秋田の天然水を使用しています。軟水で口当たりの柔らかい水質が特長で、秋田美人のように、きめ細かで柔らかいもち肌を感じさせる、優しくなめらかな酒質の源です。

 

《取扱商品》

【清酒】一滴千両、小野こまち、秋田の雪
【合成清酒】とんとん拍子
【焼酎甲類】そふと新光、あいぼう
【焼酎乙類】BlackStone、米蔵、だんぶり長者
【リキュール】秋田サワーシリーズ、デラックス梅の実しずく
【スピリッツ】秋田杉GIN

 

訪問時の見どころ

 日本酒以外にも焼酎、梅酒、ジンなど多種多様な酒類の製造をしており、秋田県内で最も多く飲まれている焼酎「そふと新光」の製造現場を見学いただけます。紙パックやビン、ペットボトルの製造ラインや、原酒等を貯蔵している自動倉庫も見学いただけます。